« 西武40000系40158Fの甲種輸送を撮影する | トップページ | 中央線快速電車 待望のグリーン車がついに落成 豊田車両センターへ甲種輸送される »

横瀬車両基地へ廃車回送された2000系 2503Fと2413F

6月15日に、横瀬車両基地へ廃車回送された2000系2503Fと2413F。

新年度に突入してから、2000系の廃車が急速に進んでいる印象もあり、5月24日に廃車回送された2059Fは、早いペースで搬出されてしまい、横瀬車両基地内で搬出待ちの様子を撮影することはできなかった。2503Fと2413Fに関しても、早めの搬出が予想される。

廃車回送から4日後となる6月19日。40158Fの甲種輸送撮影の合間を利用して、横瀬まで往復し、2503Fと2413Fの様子を撮影することにした。

所沢駅から特急「ちちぶ15号」に乗車し、一路横瀬へ。13時42分、横瀬駅に到着した私は、改札を出場し、線路沿いの道を飯能方向へ進む。2503Fと2413Fは、まだ車両基地の中ほどにいた。まずは、2413Fが見えてきたところで撮影を開始する。

Img_6d36154s
入換用のD16号機関車と連結された状態で留置されていた2413F。

この日は日曜日。翌日からの入替作業に備えてなのか、車両基地内の入替用に使用されているD16号機関車とクハ2414が連結された状態で留置されていた。なお、2413Fと2503Fは、回送されてきた時と同じく、連結された状態で留置されていた。

この後、更に線路に沿って進み、横瀬車両基地全体を見渡すことが出来る道路の歩道へ。


Img_6d36163s
2503Fとクハ2001、そして留置中の40000系。

この場所に来て、ようやく2503Fの姿を捉えることができた。車内から見た感じでは、まだ手を加えられていないと思ったのだが、この場所から見てみると、クモハ2503の電気連結器が外されている事に気付いた。

Img_6d36170s
2503Fと横瀬駅を発車する4000系各停。

この場所では、4000系の各停飯能行きの出発まで滞在し撮影を終了。急いで横瀬駅へと戻り、40158Fの甲種輸送の撮影に戻るため、特急「ちちぶ30号」に乗り込んだ。


「ちちぶ30号」車内から2503Fと2413Fを動画で。

「ちちぶ30号」に乗り込んだ私は、いったん座席に荷物を置きに行った後、急いでデッキへ。スマホのカメラを起動させて、車内から、横瀬車両基地内に留置されている2503Fと2413Fを動画で撮影。両編成に別れを告げた。

最後に、2503Fと2413Fの印象に残るシーンを2枚ご紹介して、この記事を締めたいと思います。

7d2366_1s
豊島線の線内折り返し運転に充当された2503F。(2011年3月21日撮影)

東日本大震災直後、西武鉄道は、全線で減便ダイヤでの運転となっていたが、2011年3月19日から21日までの三連休期間中は、豊島線は、終日、4両編成の2000系による線内折返し運転が実施され、3連休最終日の3月21日には、2503Fが豊島線の運用に就いた。

X6476_2
池袋線に貸し出された2413F。(2017年1月19日撮影)

2413Fは、2010年11月と2017年1月に、池袋線に貸し出された。特に2017年は、新宿線から2055Fと一緒に貸し出され、池袋線系統では、なかなか見ることができない、池袋方への2両編成の連結シーンが見られた。

弊ブログ内関連記事
2413Fも参戦! 西武狭山線 2000系2+2が運用に入る
西武豊島線の線内折り返し運用に就いた2501Fと2503F
貸し出し?西武2000系2055Fと2413Fが池袋線へ
西武2000系 2055F+2413Fが新宿線へ返却される

| |

« 西武40000系40158Fの甲種輸送を撮影する | トップページ | 中央線快速電車 待望のグリーン車がついに落成 豊田車両センターへ甲種輸送される »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西武40000系40158Fの甲種輸送を撮影する | トップページ | 中央線快速電車 待望のグリーン車がついに落成 豊田車両センターへ甲種輸送される »