« 西武2000系 2501Fが横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | 横瀬車両基地へ廃車回送された2000系2501F »

西武30000系 映画「TANG タング」公開記念ラッピング電車を撮影する

8月11日から公開される映画「TANG タング」と西武鉄道のコラボレーションしたラッピング電車が、7月17日より、西武池袋線、狭山線等で運行されている。

ラッピング車両となったのは、スマイルトレインこと30000系の38107F。西武鉄道の車両とは言え、普段はあまり乗車しない池袋線系統の車両、しかも期間限定のラッピングとなると、撮影したり乗車したりする前に、ラッピング掲出機関が終了してしまうケースが多いのだが、7月最後の土曜日となった30日は、池袋線に乗車する予定となっており、西武線アプリを見ていると、ちょうど私の後を追うように、38107Fが飯能に向かっていると知り、飯能駅1・2番ホームの池袋方で待機し、ラッピング電車となった38107Fを出迎えることにした。

11時01分、38107Fの下り列車がやって来た。

Img_6d36716s
飯能駅に進入する38107F。

池袋からの各駅停車飯能行き5109列車として飯能駅4番ホームに入線する38107F。タイミング良く、隣の5番ホームには、西武秩父からの池袋行き特急「ちちぶ22号」が入線しており、38107Fの正面にラビューが写り込んでいるのが解る。

飯能駅4番ホームに到着した38107Fは、折り返し各駅停車池袋行き5104列車に充当される。飯能駅での折り返し時間は、僅か4分。タイミング良く、2・3番ホームには、4000系の西武秩父行きが停車していたので、西武秩父行きの車内を通り抜けて2番ホームへ移動。短い停車時間を利用して、38107Fを撮影してみた。

20220730_110332s
西武秩父行き4000系との並び。

まずは、飯能駅らしさと言う事で、西武秩父行きとして停車中の4000系との並びを撮影してみる。そして・・・

20220730_110347s
飯能駅4番ホームに停車中の38107F。

続いて、4番ホームに停車中の38107Fのみを撮影する。ラッピング車両と言う事で、出来るだけ、側面も入るような構図で撮影してみる。スマイルトレインの愛称で親しまれている30000系電車。30000系がラッピング車両となる場合、正面のデザインを顔に見立てた感じに仕上げられることが多いが、今回も、前面の特性を生かして、ロボット、タングの顔と手を表現している。

20220730_110411s
主演の二宮和也さんとタング。

ここまで撮影してきたところで、発車まで残り1分となってしまった。私は、再び1・2番ホームの池袋方先端へ移動。池袋へ向けて走り去る38107Fを撮影することにした。

Img_6d36723s
池袋へ向けて走り出した38107F。

映画「TANG タング」公開記念ラッピング電車は、9月24日まで運行される予定とのこと。狭山線や西武秩父線を走る姿も撮影してみたいが、次は、いつ遭遇できるだろうか。

| |

« 西武2000系 2501Fが横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | 横瀬車両基地へ廃車回送された2000系2501F »

映画・テレビ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西武2000系 2501Fが横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | 横瀬車両基地へ廃車回送された2000系2501F »