« EOS6D MarkⅡ試運転 その2 秩父鉄道「パレオエクスプレス」と鉱石列車を撮影する | トップページ | 北上尾で安中貨物を撮影する »

西武40000系 40164Fの甲種輸送を撮影する

11月26日の撮影記です。

西武鉄道は、今年度、40000系ロングシート車を4編成製造することになっているが、今年度の40000系新製車両第4弾となる、40164Fが製造メーカーである川崎車両の兵庫工場で落成し、11月23日に6~10号車が、11月24日に1~5号車が出場した。11月23日が祝日ではあるが、いつも通りのパターンで出場。今回は、日曜日である26日の朝、新秋津到着と言うのは間違いなさそうだ。

11月26日早朝、私は、40164Fの甲種輸送を撮影するため外出する。40000系の甲種輸送最終日は、横浜羽沢駅から新秋津を目指すこととなるが、これまでとは違う場所で撮ろうと、前回、40163Fの甲種輸送の際は、早起きして鶴見駅へ向かうも、まさかのもう一泊で、撮影出来なかった。そこで、今回こそは、鶴見駅で撮ろうと思い、鶴見駅を目指すことにした。X(旧Twitter)を検索してみると、40162Fの甲種輸送が、8時6分頃、京急の花月総持寺駅付近を通過していたので、前回同様8時までに鶴見駅に着くようにして移動を開始。11月4日の朝と同じく7時50分頃には鶴見駅到着。ホームの横浜方で、甲種輸送の通過を待つことにしたのだが・・・

通過予定時刻を過ぎても、40163Fの甲種輸送は現れない。嫌な予感がする。X(旧Twitter)で情報を集めてみると、なんと、40164Fは、既に新鶴見信号場にいることが判明。これは不味い。急いで、改札口を出場。再入場をして、東京方面に向かう電車に乗り込み川崎へ。更に、川崎から南武線に乗り換えて、平間駅へと向かう。ここから10分ほど歩き、新鶴見信号場を見渡せる新川崎ふれあい公園を目指した。

8時37分、新川崎ふれあい公園に到着。40164Fの甲種輸送は、信号場内に停車していた。

線路脇にはフェンスがあり、皆さん、脚立等で対応しているが、私自身、そんな物は持ち歩いていない。そこで、線路からやや離れたところに立って、EOS6D MarkⅡのライブビュー機能を使って撮影することに。初代6Dと異なり、モニターが自由に動くために、被写体を捉えやすいのは有り難い。何とか撮影出来そうな場所を確保し、出発を待った。

Img_6dm0499s
新鶴見信号場を発車。いざ、新秋津へ向かう。

8時48分、40164Fの甲種輸送が新鶴見信号場を発車。この日、40164Fの甲種輸送の牽引を担当していたのは、新鶴見機関区に所属するEF65 2074号機。

Img_6dm0514s
後追い。

列車の動きに合わせて振り向いて後追い。前も後ろもライブビュー機能を使った撮影となったが、モニターが動くというのは、こういう時に便利なんだと改めて実感した。

無事撮影も終了しホッとしたのか、急に空腹と寒さを感じるようになった。新川崎ふれあい公園から南武線の平間駅へ移動。駅前に松屋を発見した為、ここで朝ご飯を食べることに。寒かったので、朝食メニューの味噌汁を豚汁に変更。アツアツの豚汁で生き返った。

松屋でお腹も満たされた後は、平間駅から南武線の下り電車に乗り込み府中本町へ。更に府中本町から武蔵野線に乗り換え新秋津へ。到着後、徒歩で、いつもの受渡線が見渡せる場所へ。タイミング良く、40164Fの5号車と6号車の間では、切り離し作業が行われていた。

Img_6d50669s
40164Fの横を通過するEF65 2074号機。

11時09分頃のこと。新秋津までの牽引を担当したEF65 2074号機が、新座貨物ターミナルから折り返して戻って来た。通過の際、担当の機関士さんが、切り離し作業中の職員さんたちに向けて、汽笛を短めに鳴らしていた。

Img_6d50678s
切り離し完了。

5号車と6号車との切り離し作業を見届けた後、私は秋津駅へ。西武池袋線の下り列車に乗り込み、40164Fに先行して西所沢駅へと向かい、同駅の1番ホームから、263Fに牽引され、小手指車両基地へ向かう40164Fの1~5号車の通過を待つことにした。

Img_6dm0578s
263Fに牽引され、小手指車両基地へと向かう40164Fの1~5号車。

12時01分、263F+40164Fの1~5号車が西所沢駅を通過した。撮影後は、3番ホームに移動し、後続の飯能行きに乗車し小手指へ向かうが、既に40164Fの1~5号車は、車両基地へと進んでいた。

Img_6dm0591s
小手指車両基地の中へ進んでいく40164Fの1~5号車。

ホームの先端から、40164Fの1~5号車が辛うじて確認できたので、カメラを向けてみた。

この日、午後は別の予定が入っており、40164Fの甲種輸送の撮影は、1~5号車が小手指車両基地へ入っていく姿を見届けて終了。小手指駅から、次の目的地へ向けて移動を開始した。

| |

« EOS6D MarkⅡ試運転 その2 秩父鉄道「パレオエクスプレス」と鉱石列車を撮影する | トップページ | 北上尾で安中貨物を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

鉄道:JR貨物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« EOS6D MarkⅡ試運転 その2 秩父鉄道「パレオエクスプレス」と鉱石列車を撮影する | トップページ | 北上尾で安中貨物を撮影する »