« 秩父鉄道 開運特別ヘッドマーク掲出編成を撮影する | トップページ | 横瀬車両基地に廃車回送された4000系4015F »

西武4000系 4015Fが横瀬車両基地へ廃車回送される

X(旧Twitter)やFacebookからの情報となりますが、1月11日、長年に亘り西武池袋線・西武秩父線で運用されてきた4000系の4015Fが、横瀬車両基地へ廃車回送されたとのことです。

Img_7d34608s
横瀬車両基地へ廃車回送された4015F。(2015年4月6日撮影)

4000系は、西武秩父線と秩父鉄道線との直通運転用車両として、101系電車の足回りを流用し、1988年と1992年に製造されました。2扉、セミクロスシートと言う事で人気が高く、休日には池袋まで快速急行として乗り入れていましたが、2013年3月のダイヤ改正からは、東京メトロ副都心線を経由した
横浜方面への直通運転開始の伴い、休日の秩父鉄道直通列車が上りのみ急行に格下げとなり、2020年3月のダイヤ改正では、池袋駅・所沢駅へのホームドア設置に伴い、休日の秩父鉄道直通列車の運行区間を飯能~三峰口・長瀞間に短縮。更に2023年3月のダイヤ改正では、秩父鉄道直通列車の見直しにより運用数が減少。余剰気味となっていました。数年後には、東急電鉄からやって来るサステナ車両により置き替えられる事が発表されていますが、4015Fは、代替車両の入線前と言う事で、余剰による廃車と言えそうです。

4000系初の廃車発生と言う事で、これまでに撮影した4015Fの画像を探したところ、この編成は、どういう訳か、所定の西武秩父線の運用よりも、団臨などでの撮影が多いことが解りました。今回は、4015Fの惜別企画として、これまでに撮影した4015Fの団臨の写真を取り上げておきたいと思います。

Img_7d34646_1s
新宿線武蔵関~東伏見間を行く4015F。(2015年4月6日撮影)

2015年4月6日、4015Fを使用した団臨が、西武新宿~高麗間で運転されました。韓国の人気若手俳優、イ・スヒョク氏が、この貸切団体列車に乗車し、韓国との縁が深い高麗郷・高麗神社を訪問すると言うもの。桜のシーズンも終わりが近いタイミングでしたが、新宿線の桜の名所を行く4015Fを撮ることが出来ました。

Img_7d42080s
「ハローキティートレイン」になった4015F。(2016年1月16日撮影)

2016年1月16日から3月27日まで、サンリオのキャラクター「ハローキティ」をキャンペーンキャラクターとした「冬の秩父デスティネーションキャンペーン」を開催され、ラッピング電車「秩父ハローキティートレイン」を運転。4015Fがラッピング電車となりました。

Img_7d45396s
川越プリンスホテルが企画した「ハッピートレイン」にも充当された4015F。(2016年7月24日撮影)

4015Fは、川越プリンスホテルで企画した、西武4000系車両を使用した挙式プラン「HAPPY TRAIN WEDDING」。私が知る限りでは、2015年から2017年にかけて4組実施されているが、2016年7月24日に実施された3組目の「ハッピートレイン」が4015Fで運転されています。

と言う訳で、普段の運用よりも団体臨時列車での撮影が多かった4015F。後日執筆いたしますが、私自身、4015Fを最後に撮影したのは、廃車回送の3日前、1月8日で、この時も団体臨時列車での運転でした。

4015F、お疲れ様でした。近いうちに、横瀬車両基地を訪ねてみようと思います。

| |

« 秩父鉄道 開運特別ヘッドマーク掲出編成を撮影する | トップページ | 横瀬車両基地に廃車回送された4000系4015F »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秩父鉄道 開運特別ヘッドマーク掲出編成を撮影する | トップページ | 横瀬車両基地に廃車回送された4000系4015F »