« 西武新宿線 山の主4000系を使用した団体臨時列車を撮影する その2 | トップページ | 西武2000系 2045Fが横瀬車両基地へ廃車回送される »

西武2000系 2409Fと2517Fが横瀬車両基地へ廃車回送される

1月30日、新宿線系統で活躍してきた、2000系の2409Fと2517Fが、横瀬車両基地へ廃車回送されました。

Img_6d49157s
横瀬車両基地へ廃車回送された2409F(前2両)(2023年10月5日撮影)

2409Fの廃車により、旧2000系は、ついに2両編成2本、2417Fと2419Fを残すのみとなってしまいました。そして、2409Fは、西武鉄道最後のグローブ型ベンチレーター搭載車両でしたので、西武鉄道からグローブ型ベンチレーター車両も消滅となります。

Img_6d44247s_20240213205801
国分寺線恋ヶ窪駅で2031F(2023年10月廃車済)と並んだ2409F。(右側前2両)(2023年4月29日撮影)

なお、2409Fのクモハ2409は、1983年に製造されましたが、相方のクハ2410は、1979年に製造された初代2031Fのクハ2031を転用改造したもので、現役最古参車両となっていました。(2409F廃車後は101系241Fが現役最古参車両)

Img_6d46735s
東村山駅2番ホーム(国分寺線専用ホーム)に停車中の2409F。(2023年8月11日撮影)

一方、4両編成の2517Fも、長年に亘り、西武新宿線で活躍。

Img_6d43086s
2409Fと共に横瀬車両基地へ廃車回送された2517F(前4両)(2023年3月12日撮影)

前面の貫通扉の窓が小さい、新2000系としては初期に製造された車両で、このタイプの車両は、急速に姿を消しつつあります。

Img_6d45321s
西武園線の運用に就く2517F。(2023年6月10日撮影)

Img_6dm0385s
旧2000系の2417Fと組んで国分寺線の運用に就く2517F。(2023年11月23日撮影)


今回、2517Fの廃車により、新2000系の前面貫通扉の窓が小さいタイプの車両は、2両編成の2451F、4両編成の2507F、6両編成の2051Fの3編成を残すのみとなってしまいました。

廃車回送後、最初の土曜日となった2月3日、2409Fと2517Fを様子を見ようと思い、所沢駅から特急「ちちぶ」7号に乗車。横瀬へ向かった。横瀬駅に到着したのは9時47分。到着後、早速、2409Fと2517Fを撮影するため、線路沿いの道を歩き、車両基地全体が見渡せる場所へ。

Img_6dm2906s
保存車両に囲まれて留置中の2409Fと2517F。

タイミングが良いのか悪いのか、この日は、部品の取り外し作業の関係か、こんな場所に留置されていた。もう少し手前まで来ていれば、他のアングルでも撮れるのだが、流石にこの場所では、こんな感じでしか撮れない。初代レッドアロー、5000系のクハ5503と絡めて撮れて良かったと思う事にした。

さて、2409Fと2517Fに関しては、昨年9月30日に上石神井車両基地で開催された有料撮影会、「新宿線の黄色い電車を撮影しよう」でも展示されました。撮影会会場での両編成の雄姿をご紹介して、この記事を締めたいと思います。お付き合いいただけましたら幸いです。

Img_6d48879s
旧2000系最後の6連、2031Fと並んだ2409F。

この撮影会は、旧2000系最後の6連となった2031Fの引退を前に企画されたイベントで、本来の主役は2031Fですが、2409Fも、西武鉄道最後のグローブベンチレーター搭載編成と言う事で、Hゴムをグレーにしたり、行先表示器をテープで埋めたりする等、1980年代の姿を出来るだけ再現して展示されていました。

更に途中からは旧2000系同士の分割併合シーンを実演。

Img_6d48984s
2031F(左)と2409F(右)との連結面。

この時点で、旧2000系は、6両編成の2031F、2両編成の2409F、2417F、2419Fの4編成となっており、旧2000系同士の連結も、これから先、見られる確率は、かなり低くなりそう。

分割併合の実演は、動画も撮ってみました。5分以上の動画となりますが、宜しければご覧ください。


2409Fと2031Fを使った分割併合作業実演。(5分以上の動画です)

長年、萩山駅を利用してきた者として、列車の分割併合シーンは、日常の光景として良く目にしてきました。しかし、2000系の分割併合列車は、旧2000系には4両編成が無いことから、多摩湖線へ向かう4両には必ず新2000系が入るため、萩山駅での2000系の分割併合作業には、必ず新2000系が混ざっていました。私自身、旧2000系同士の分割併合作業を目にした記憶は、それほど多くなく、この実演は興味深く拝見しました。

Img_6d48950s
ヘッドマークを掲出した2517F。

一方の2517Fは、メインの車両展示場所からやや離れた場所に停められており、時間帯によっては、「新宿線の黄色い電車を撮影しよう」と、このイベントに合わせて作られたヘッドマークを掲出していました。

Img_6d49035s
ヘッドマークが外され、方向幕が「各停 萩山」の組み合わせも撮影。

メインの展示会場からは、少し離れていたものの、2517Fも定期的に方向幕を変えており、「各停 萩山」表示が撮れたことは、地元民として、良い思い出となりました。

2409F、2517F、長い間お疲れ様でした。

| |

« 西武新宿線 山の主4000系を使用した団体臨時列車を撮影する その2 | トップページ | 西武2000系 2045Fが横瀬車両基地へ廃車回送される »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西武新宿線 山の主4000系を使用した団体臨時列車を撮影する その2 | トップページ | 西武2000系 2045Fが横瀬車両基地へ廃車回送される »