« 西武4000系 4005Fが横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | 西武40000系 GLAYデビュー30周年記念ラッピング電車を撮影する »

横瀬車両基地へ廃車回送された4000系4005F

6月4日に横瀬車両基地へ廃車回送された4000系4005F。

廃車回送後、最初の日曜日となった6月9日、私は、早朝から横瀬へ向かった。所沢駅から特急「ちちぶ3号」に乗り込み、いざ横瀬へ。8時09分、横瀬駅に到着。スケジュールの都合上、横瀬滞在時間は約40分。あまり時間が無い。

駅から歩くこと約10分。車両基地全体を見渡せる場所に到着。早速、撮影を開始する。

Img_6dm6816s
解体(搬出)線に入った4005F。

既に列車無線アンテナなど、一部の部品が外された状態の4005F。とは言え、まだ見るに耐えられる姿であり、まだまだ部品の取り外し作業があるのか、解体(搬出)線の中程に留置されていた。

そして、解体(搬出)線には、もう一つ、気になる車両が停められていた。その車両とは・・・

Img_6dm6818s
4005Fの前には、白いカバーがかけられたクハ2001が・・・

ご覧のように、4005Fの前方には、旧2000系の保存車両、クハ2001が白いカバーを掛けられた状態で留置されていた。なぜ、クハ2001がこの場所にいるのだろうか。クハ2001が、この場にいる限り、4005Fの搬出は行われないのか? 今後の動きがとても気になります。

撮影を終えた私は、急いで横瀬駅へ。この後は、お世話になった方のお墓参りに行くこととなっており、同行する方達と10時に飯能駅で待ち合わせをしていたので、横瀬駅8時57分発の各駅停車飯能行きに乗車。この列車の車内からも、4005Fを撮影することにした。

Img_6dm6842s
クハ4006側からの編成写真を撮影。

まずは、クハ4006側からの編成写真を撮影。背後には、クハ1224の姿も見える。

Img_6dm6854s
クーラー脇のランボードの位置が、他の車両とは異なるクハ4005。

4005Fの最大の特徴とも言える、クハ4005のクーラー脇のランボード。この車両だけ、他の車両とランボードの位置が異なるとのことで、撮影しておいた。

Img_6dm6860s
最後に、クハ4005側からも編成写真を撮影。

横瀬駅から乗車した各駅停車飯能行きは、飯能方から4001F+4021Fの組み合わせであり、私は、4001Fのモハ4101に乗車。ボックス席に腰を下ろし、飯能まで、4000系のモーター音を堪能することにした。

4005F、長い間、お疲れ様でした。

| |

« 西武4000系 4005Fが横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | 西武40000系 GLAYデビュー30周年記念ラッピング電車を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

4005号のランボードの件ですが、ランボードがズレてるというより、冷房装置の向きが本来と逆向きな気がします。ちなみに、263号も同じです。

投稿: 下山太郎 | 2024/06/12 21:08

下山太郎さん、コメントありがとうございます。

コメント返しが遅くなりまして、申し訳ございません。ランボードの件ですが、こちらのサイトに、クハ4007の写真がありますので、比較していただけると解りますが、明らかに位置がずれています。どうやら、モハの位置に合わせてしまったのではないか?と言う気がします。

https://railfile.jp/seibu/car/1988/11/4007.html

投稿: TOMO | 2024/06/23 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西武4000系 4005Fが横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | 西武40000系 GLAYデビュー30周年記念ラッピング電車を撮影する »